ロゴ

貿易事務com

英語力を武器に世界で活躍していきたいと思ったら

英語に関わる仕事がしたい

「英語が得意」「英語が好き」という方は英語のスキルを活かせる仕事を探してみましょう。英語のスキルが活かせる仕事はスキルレベルに合わせてたくさんあります。その中でも特に人気の高い仕事をランキング形式で紹介していきます。

英語が活かせる人気の仕事

no.1

通関士

通関士は資格を取得していれば基礎的な英語力でも業務をこなすことができるのでとても人気の高い仕事となっています。輸出入業者の代わりに通関の業務を行なうのが主な業務になります。

no.2

入国審査官

日本を出国する日本人や外国人の審査を行ったり、日本に入国する日本人や外国人の審査を行なう入国審査官が2位にランクイン。採用後に語学研修があることが多く、採用の段階での英語能力はそれほど高くなくてもいいようです。

no.3

貿易事務

輸出入に関する事務作業を行なう貿易事務も英語力を活かせる仕事として人気です。輸出入に関する書類の作成を行ったり、海外の企業を相手に英語でやり取りと行ったりします。

no.4

バイヤー

商社や小売業者のバイヤーも人気の高い仕事です。国内や海外の市場やトレンドに常に気を配り売れる商品の買い付けを行います。価格交渉や契約に関する交渉を行なうことも多く、かなり高いレベルの英語力が必要とされる仕事です。

no.5

翻訳家

海外の映画や本などの翻訳家が5位にランクイン。翻訳家の仕事は単純に英語の文章を日本語に直すだけではありません。文字数や使ってはいけない言葉などの制約がある中で一文一文を適切に日本語に直していく必要があります。そのため高いレベルの英語力に加え、日本語力も求められます。

英語スキルを身につけるメリット

世界中の人とコミュニケーションがとれる

英語は世界の共通語となっています。欧米の人はもちろん、ヨーロッパの人やアジアの人も英語でコミュニケーションを取ることが多いです。そんな世界の共通語となっている英語を身につけることができれば、世界中の人とコミュニケーションを取ることが可能になります。

海外に移住できる

英語を身につけることができれば世界中の人とコミュニケーションを取れるようになりますが、そうすると日本以外の地域でも生活していけるようになります。海外に移住し海外で生活していけるようになるわけですね。

仕事で活かせる

レベルによって仕事の幅は変わってきますが、「英語を話せることで就ける仕事はかなり増えます。貿易事務や海外バイヤーなど、日本だけでなく世界中の人を相手に仕事ができるようになります。

[PR]

【PR】
貿易事務なら英語が大切!
外国語をマスターしよう★

メリットや活かせる仕事

男女

貿易事務はポジティブな人におすすめ

就職する会社によりますが貿易事務は残業になることも多い仕事です。また、荷物の輸出入に関わる仕事なので責任も重大です。そのため体力的にも精神的にも図太い人が向いていると言えます。何事にもポジティブに取り組める方におすすめです。

語学のスキルをアップさせたい人も

貿易事務は英語を活かせる仕事なので語学のスキルを磨きたいという方にもおすすめです。貿易事務は日々たくさんのメール対応や書類作成をこなします。もちろんそれらはほとんどが英文なので、毎日英語に触れることになります。しばらく続けていると自分でも驚くぐらい英語のスキルが上がっていたということも少なくありません。

広告募集中